HOME
まず皆様に知って欲しいこと
電磁波とは?
電磁波の影響
様々な発生源
皆様にして欲しいこと
電磁波の検知と測定
電磁波対策
理想の住環境 を実現するために
バウビオロギーとは
「電磁波対策の家」 を実現するために
電磁波のシールド
電磁波のアース(接地)
その他の測定器
研修・イベント情報
今月のおすすめ商品
更新内容を受信
当サイトについて
外部リンク

様々な発生源の記事一覧

携帯電話から

●携帯電話からの影響

いまや世界での携帯電話の年間生産台数は10億台以上に達し、日本での契約数(2010年6月時点)は1億1371万台とほぼ全人口に匹敵する数になっています。

 

飽くまで契約台数ですので、すなわち日本国民全員が一台ずつ携帯電話をもっていることにはなりませんが、すでにそれに近い状態にあると言っても良い状況にあります。

しかし携帯電話の性質、とくにそこから発生するマイクロ波と呼ばれる高周波電磁波の影響に関しては、利用者の多くがそれを知らずに使用しています。

高周波電磁波とはいったい人体にどのような影響を及ぼす可能性があるのでしょうか。

 

携帯電話、ワイヤレスLAN、WiFiなどの無線通信は、その名のとおり配線やケーブルなど目に見える形での有線が存在しないにもかかわらず高速大容量通信を可能にします。

有線という制限のない無線通信の強みで、どんな時もどこにいても繋がる一方で、携帯を身に着けて離さない生活は、裏返せばどんな時もどこにいても高周波電磁波の影響を受けていると言うことができます。

 

携帯電話から発せられるマイクロ波は、電子レンジの原理としても用いられているものです。

電子レンジの場合は、マイクロ波がレンジ内の食品内部の水分子を振動させて発熱させています。

携帯電話も電子レンジとほぼ同じ振幅数(周波数=800MHz~3GHz)の電磁波によって交信しているわけですから、携帯電話を脳に近い耳部にあてて通話することは、そのスピードで脳を振動させることになるのです。

体の50~70%が水分と言われる人間に、しかも脳髄に非常に近い耳に直接当てて使用することによる危険性は決して低くないと考えられます。

 

日本より電磁波の影響に関する研究がはるかに進んでいる欧米諸国では、携帯電話から発せられる電磁波と因果が指摘されるいくつかの疾病との間に明確な化学的根拠を示すこと難しいとされる今日でも、すでに子供に携帯電話を持たせることを控える動きや、携帯電話中継基地局の撤去を命じる判決が下されたりしています。

その背景には予防原則という考え方があります。

 

携帯電話や中継基地から発せられるマイクロ波による影響および被害の研究に関しては、当サイトのニュースレターにも最新の研究結果が掲載されています。

 

とは言え、携帯電話の利便性や必要性は多くの人が知るところであり、仕事や私生活での携帯電話の使用を控えることは実際には困難なことでしょう。そこで当サイトでは、寝室に電磁波対策を施すことにより、代謝や免疫力が活性化して睡眠の質を向上させること、あるいは子供部屋に電磁波対策を施すことにより発育途中で脳神経が未熟である小さな子供の健康を守ることにスポットを当てた改善策をご紹介しています。

記事を表示  >>

パソコンから

●パソコンからの影響

仕事、プライベートを問わず、パソコンの前で一日の多くの時間を過ごす人々の数は、現代の世の中ではいまや想像もつかないほどです。

そのためパソコンから発生する電磁波に関する情報をしっかりと把握し、その影響も考慮に入れながらパソコンを使用する仕事に従事することは大切なことと言えるでしょう。

 

パソコンから発生する電磁波に起因するものと考えられる症状として、例えば疲労感に襲われる、集中力が低下する、顔面がピリピリする、疲れ目になるなどの様々な報告があるようです。

皆様の中にも、もしかすると上記の症状に該当する方がいらっしゃるかもしれません。

ただそれがパソコンからの電磁波の影響かもしれないと気付いている人は少ないでしょう。

 

パソコンからは、低周波電界および磁界が発生しています。

私のパソコンも電磁波センサーで測定したところ、電界も磁界も発生していますが、パソコンから離れて測定するとその強度は次第に弱まっていくのが分かります。

キーボードに手を触れない訳にはいきませんが、モニターや本体からできるだけ距離を保って作業することが大切だと言えます。

 

スウェーデンのような電磁波に対する厳しい指針を設けている国では、電場は25V/m以下、磁場は2.5mG以下という安全基準が示され、労働環境下でもそれが遵守されるように規制されている国もあります。

日本ではそのような規制や管理体制はまったく敷かれていませんが、電磁波の影響や危険性の科学的立証を待っている間にも多くの人々が影響を受けないように、転ばぬ先の杖としてより厳しい基準値を満たすようにする取り組む必要があるのではないでしょうか。

記事を表示  >>

屋内配線から

●屋内配線からの影響

自宅、仕事場を問わず、目に見えない壁内や天井裏に張り巡らされた室内配線からも低周波電磁波が発生しています。

日頃は壁や天井に覆われていて見えないだけに発生源としての認識が低く、その配線の位置によってはリビングや寝室でくつろぎながらいつの間にかその影響を受けている可能性が考えられます。

 

一昔前には一家庭に電気で動くものと言えば裸電球一つだったのに、いまやあらゆるものが電気によって動くようになり、家庭内の電化は50年前と比較して3万倍増加したと言われています!

電気によって日常生活の利便性が飛躍的に向上し、現代人は電気のない生活など考えることもできませんが、3万倍という数字を見ると私たち人間が電気に対して本来求めている効果以外の二次的影響のことも考えないではいられません。

 

ただし、電気のない生活を考えることは困難ですので、せめて自宅にいるとき、とくに寝室、子供部屋、リビングでの室内配線からの電磁波の影響を最小限に留めようとする防衛策が必要であると私たちは考えています。

とくに寝室では、長い睡眠時間の間ずっと室内配線の影響を受けますので、新陳代謝の活性化を促し心身の疲れを癒すための好環境を実現する必要があります

方法は、壁や床や天井に電磁波シールドペンキや電磁波シールドクロスを施工して室内配線からの電磁波を受け止める面を作り、そこに捉えられた電界をアースによって大地に対して流してしまうという明快な方法です。

 

壁内、天井裏など目に見えないひと工夫で、その後末永く生活される場所を快適な住環境にできると私たちは考えています。

記事を表示  >>

キッチン家電から

●キッチン家電からの影響

家庭内の電化が40年前と比較して3万倍増加したと言われていますが、中でもキッチンの電化がもっとも著しいのではないでしょうか。

電子レンジらトースターなどに始まり、この頃ではこれまでガス器具であったものの多くがオール電化の動きによって電化しつつありますが、IH調理器やオーブンレンジなどがその特徴的な事例として挙げられます。

 

電子レンジは他の電化製品と同様に低周波電界を発生し、また携帯電話と同じくマイクロ波(高周波電磁波)も発生しており周波数は2.45GHzとなっています。

その構造は、マイクロ波がレンジ内の食品内部の水分子を振動させて発熱させるという仕組みです。

電子レンジから発生する電磁波は、機器のすぐそば(10㎝以内)ですと数100ミリガウス、50㎝離れると10数ミリガウスと、機器からの距離をおくことによって低下することが分かるものの、日本の一般家庭の狭いキッチンではなかなか安全な距離を保つことが難しい場合も考えられます。とくに忙しい夕飯時に、電磁レンジで温め物をしながらその向かいのレンジの前に立って別の調理ということもよく見る光景です。

 

IH調理器も忘れてはならない、強力な電磁波を発生する製品です。

この頃では実際の火を使用するガス器具に代わって、オール電化の潮流もあってIH調理器を使用するケースが増えています。

使用中のIH調理器から発生する電磁波の量も、機器から距離を置くことによって減少するため、謳われている安全基準も本体から30㎝離れたところでの数値が示され、市販の製品はおおむねその基準値を下回っているとされています。

ただし、わずか10㎝機器本体に近づくだけでその数値は劇的に増加するため、安全基準そのものが実際の使用に適しているのか、という疑問を持たざるを得ません。

 

キッチンでは、その狭いスペースの中で、とくに女性が毎日の朝夕の調理をするケースが多いと考えられます。

そのため電子レンジやIH調理器の毎日の一定時間の暴露に晒されていることが予想されます。

また女性が妊娠中である場合などはその影響に対して注意を払う必要があるでしょう。

電子レンジやIH調理器はなるべく使用しない、というのが最良の方法ということができますが、それが現実的でない場合は機器本体から距離を保つことが大切でしょう。

記事を表示  >>

携帯電話基地局から

●携帯電話基地局からの影響

私たちの携帯電話への着信は、その携帯電話通信会社の最寄りの中継基地局から受信されています。

携帯電話そのものは、発信あるいは着信とその後の通話の際に電磁波が発生していますが、携帯電話中継基地はセルと呼ばれる通話エリア内で、携帯電話の端末からの発信される電磁波を捉えようと常にスタンバイしている状態ですので、基地局の周辺ではある一定量の電磁波が発生しています。

1つの基地局で通話できる人数は限られているので、都市部や繁華街では狭いエリアの中に基地局が増設されることもあります。

 

昨今携帯電話基地局の建設にあたり地域住民から反対を受けるケースが増えています。

携帯電話基地局から発せられる電磁波は基準値内と携帯電話通信会社は主張するのですが、電磁波対策先進国と比較するとその基準値そのものが本当に安全を満たしているのか不透明なことから、自分の家のすぐ近くに基地局が立てられる住民にしてみれば不安になり撤去を希望することもいたって当然のことと言えます。

 

日本でも携帯電話中継基地が自宅のそばに建設されて稼働し始めた頃から、健康被害を訴えるケースが報告されていますが、海外でも基地局の稼働に伴う様々な事例が報告されています。

ドイツでは、養豚場の近くに基地局が建設されて稼働が開始されてから、生まれる子豚に奇形が発生する割合が増加したり、子豚の出生数が減少したりと、電磁波によると考えられる被害とそれによる経済的損失が発生しているケースがあります。

また農産物の奇形なども同様に報告されています。

 

いまや携帯電話のない生活を想像することが困難な時代になっていますが、その中でも電磁波の影響に関する明確な説明を地域住民に行い、基地局など建設にあたってはたとえ通信効率が落ちるとしても人家のない場所を選んで建設するなどの配慮が通信会社には求められるべきでしょう。

 

また自己防衛の手段として、高周波電磁波に対するシールドクロスやペンキを家の壁などに施して外部からの侵入を防ぐことも対策の一つとして考えられます。

記事を表示  >>

高圧送電線から

●高圧送電線からの影響

高圧送電線や変電設備から人体が受ける影響については、早くから小児白血病や小児脳腫瘍、ガンなどの増加が指摘されており、大きな反響を生んでいます。

とくに高圧送電線に近接した土地に住んでいる住民は、長年そこに居住することにより長期間の被曝対象となり、小児の白血病やガンの他に、この頃の研究ではアルツハイマー病の発症との因果関係も指摘されています。

 

高圧送電線からは非常に低い周波数の超低周波磁界(磁場)が発生しています。

その磁場による影響がもっとも懸念されている訳ですが、発生源から距離をおくことでその強度が低くなるはずの高圧送電線の真下やすぐ近くに住宅が建てられているのをよく目にします。

平地面積が少なく山が多い日本では、こうしたケースが容易に考えられますが、電磁波の影響への関心が高く研究も進んだ欧米諸国においては、住宅の移転あるいは送電線の撤去などの措置が講じられるケースかもしれません。

 

アメリカでは、高圧送電線のそばにあった小学校で、世界保健機関の勧告する3ミリガウスを大きく上回っていたため小学校を閉鎖することを決定した事例もあります。

また上述にもあるようにスイスの研究グループは、5年間高圧送電線から50m以内に住んでいた住民と600m以上離れた地域に住んでいた住民とを比較調査して、アルツハイマーのリスクが1.5倍になっていたことを突き止めました。

そのリスクは、その場所に長く居住することでより高まり、10年間50m以内に住んだ場合は1.78倍、15年後にはその値が2倍になることが分かり、アルツハイマー病と高圧送電線までの間の「用量と反応との関係」も見つかっています。

 

高圧送電線のそばには住まない、あるいは土地や家を購入しないことが一番の解決策ですが、諸事情からどうしてもそこに住まなくてならない場合や都市部のように高圧送電線がすでに地中に埋まっていて知らされていない場合など、被曝を避けることが難しいケースもあります。

また磁場に対する完全な対策商品が開発されていないことも、今後の大きな課題と言えます。

記事を表示  >>
このページの上へ戻る