HOME
まず皆様に知って欲しいこと
電磁波とは?
電磁波の影響
様々な発生源
皆様にして欲しいこと
電磁波の検知と測定
電磁波対策
理想の住環境 を実現するために
バウビオロギーとは
「電磁波対策の家」 を実現するために
電磁波のシールド
電磁波のアース(接地)
その他の測定器
研修・イベント情報
今月のおすすめ商品
更新内容を受信
当サイトについて
外部リンク

IBN-電磁波 スタッフブログ

2013 年08 月01 日 発がんの可能性...携帯電話の電磁波に"等級"表示、韓国で世界初導入へ

「  韓国政府が、人体に有害との論議が大きい携帯電話の電磁波を世界で初めて規制することにした。アップルなど電磁波が相対的に多く出る携帯電話メーカーの反発で遅々として進まなかった電磁波規制が実際に施行されるものだ。 

 

  未来創造科学部は、電磁波の有害性についての国民の不安感を解消するために携帯電話などの無線設備に電磁波等級の表示を義務化する“電磁波等級基準、表示対象および表示方法”の告示を来月1日に制定・公布すると30日明らかにした。これに伴い、1年間の準備期間を経て来年8月1日からすべての携帯電話に電磁波等級が表示される。 

 

  これによれば携帯電話の電磁波吸収率(SAR)値が0.8ワット毎キログラム (W/kg)以下の場合は1等級、0.8~1.6ワット毎キログラムの場合には2等級に分類される。SARは携帯電話を使う時に人体に吸収されうる電磁波の量を意味する。韓国は国際勧告基準(2ワット毎キログラム)よりも厳格な1.6ワット毎キログラムを適用し、この数値を超える場合は製造・販売ができない。韓国内ではテレビ・電子レンジなどにも一定基準の電磁波を出さないように規制しているが、このように等級別に区分するのは携帯電話が初めてだ。 

 

  携帯電話メーカーは来年から、製品本体、包装箱、使用者説明書の表紙、携帯電話内の情報メニューのうちの1つに電磁波等級または電磁波吸収率の測定値を公開しなければならない。移動通信基地局の無線設備・フェンス・垣根・鉄条網などにも電磁波等級を表示するようにした。 」

 

2013年07月31日13時48分 

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

http://japanese.joins.com/article/535/174535.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|breakingnews

このページの上へ戻る
ブログTOP
カテゴリー
最近の投稿
過去の投稿