HOME
まず皆様に知って欲しいこと
電磁波とは?
電磁波の影響
様々な発生源
皆様にして欲しいこと
電磁波の検知と測定
電磁波対策
理想の住環境 を実現するために
バウビオロギーとは
「電磁波対策の家」 を実現するために
電磁波のシールド
電磁波のアース(接地)
その他の測定器
研修・イベント情報
今月のおすすめ商品
更新内容を受信
当サイトについて
外部リンク

NEWSレター

電磁波講演会のご案内

「身の回りの電磁波の影響から いのちを守る対策について」

 

我が国では経済を最優先し、行政・企業・メディアが一体となって電気や通信インフラを急速に拡大し続けています。行政は、これまで一貫して人体への影響について ”科学的根拠は明らかでない”として事態を曖昧にしてきた結果、体調不良や不安を訴える人々が増え続けています。

今回は、初めて電磁波の講演会に参加する人が多いと思われますので、講師の方には出来るだけやさしく説明していただくようにお願いしています。講演終了後には、質疑応答の時間を設けますので分からないことは、何でも遠慮なく質問して下さい。

 

講師の紹介と講演のテーマ 

 

✿荻野晃也 氏 「電磁波って何?なぜ健康に悪いの? 身のまわりの電磁波と防止対策」

 

元京都大学工学部原子核工学教室にて原子核物理学、原子核工学、放射線計測学などを専門とされ、

現在は、「電磁波環境研究所」の所長として、また「電磁波からいのちを守る全国ネット」の代表として

活躍されています。電磁波問題の第一人者として住民・市民側に立つ数少ない科学者といえます。

 

✿加藤やすこ 氏 「電磁波過敏症の発症原因、症状と対策について」

 

環境ジャーナリスト。電磁波過敏症と化学物質過敏症を併発してから、患者としての経験と各地の

取材を通して講演や書籍を執筆。電磁波過敏症や電磁波対策を専門とし、幅広く活動されています。

市民団体「いのち環境ネットワーク代表」の代表、「電磁波からいのちを守る全国ネット」の副代表。

 

✦とき 平成25年11月9日(土)

 

開場:午後1時00分

開演:午後1時30分~5時00分 

 

✦ところ エル・おおさか(大阪府立労働センター)

          南館10階1023号室 (定員132名)

     大阪市中央区北浜東3-14

 (℡ 06-6942-0001)

●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m

●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m    

●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

 

✦資料代:1000円       

 

✦主 催:電磁波・環境関西の会  賛同団体(順不同):  

           

連絡先:電磁波・環境関西の会 事務局

℡/Fax (0742) 41-6980 いずみ

(06) 6456-1681 ふるもと

このページの上へ戻る NEWSレターの記事一覧へ戻る