HOME
まず皆様に知って欲しいこと
電磁波とは?
電磁波の影響
様々な発生源
皆様にして欲しいこと
電磁波の検知と測定
電磁波対策
理想の住環境 を実現するために
バウビオロギーとは
「電磁波対策の家」 を実現するために
電磁波のシールド
電磁波のアース(接地)
その他の測定器
研修・イベント情報
今月のおすすめ商品
更新内容を受信
当サイトについて
外部リンク

様々な発生源

屋内配線から

●屋内配線からの影響

自宅、仕事場を問わず、目に見えない壁内や天井裏に張り巡らされた室内配線からも低周波電磁波が発生しています。

日頃は壁や天井に覆われていて見えないだけに発生源としての認識が低く、その配線の位置によってはリビングや寝室でくつろぎながらいつの間にかその影響を受けている可能性が考えられます。

 

一昔前には一家庭に電気で動くものと言えば裸電球一つだったのに、いまやあらゆるものが電気によって動くようになり、家庭内の電化は50年前と比較して3万倍増加したと言われています!

電気によって日常生活の利便性が飛躍的に向上し、現代人は電気のない生活など考えることもできませんが、3万倍という数字を見ると私たち人間が電気に対して本来求めている効果以外の二次的影響のことも考えないではいられません。

 

ただし、電気のない生活を考えることは困難ですので、せめて自宅にいるとき、とくに寝室、子供部屋、リビングでの室内配線からの電磁波の影響を最小限に留めようとする防衛策が必要であると私たちは考えています。

とくに寝室では、長い睡眠時間の間ずっと室内配線の影響を受けますので、新陳代謝の活性化を促し心身の疲れを癒すための好環境を実現する必要があります

方法は、壁や床や天井に電磁波シールドペンキや電磁波シールドクロスを施工して室内配線からの電磁波を受け止める面を作り、そこに捉えられた電界をアースによって大地に対して流してしまうという明快な方法です。

 

壁内、天井裏など目に見えないひと工夫で、その後末永く生活される場所を快適な住環境にできると私たちは考えています。

このページの上へ戻る 様々な発生源の記事一覧へ戻る