HOME
まず皆様に知って欲しいこと
電磁波とは?
電磁波の影響
様々な発生源
皆様にして欲しいこと
電磁波の検知と測定
電磁波対策
理想の住環境 を実現するために
バウビオロギーとは
「電磁波対策の家」 を実現するために
電磁波のシールド
電磁波のアース(接地)
その他の測定器
研修・イベント情報
今月のおすすめ商品
更新内容を受信
当サイトについて
外部リンク

電磁波とは?

種類と代表的な発生源

●電磁波の種類と代表的発生源

一口に電磁波と言っても、下は送電線などの超低周波から上はガンマ線などの放射線に至るまで非常に幅の広い周波数帯を持ち、波長もそれぞれ異なります。

それぞれの周波数を代表する発生源は下図のとおりですが、例えば、私たちの身の回りの電化製品や室内配線など電気の流れるところには必ず低周波と呼ばれる電磁波が発生しています。

また携帯電話や無線LANなどの通信機器やその中継基地からも高周波(マイクロ波)と呼ばれる電磁波が発生しています。

gurahu2.jpg

低周波電磁波

低周波の電磁波は電磁界と言った方がイメージを掴みやすいかもしれません。

周波数が低く波長が長いため、発生源からその場を覆うように長い電界と磁界の波が発生しています。

低周波の場合、電界強度(V/ m)と磁束密度(nT)は別々の要素として異なる単位で計測されます。

私たちが主に測定してシールドしようとしている低周波の周波数帯は、日本の商用交流電源の周波数である50/60Hz から400KHzです。

 

高周波電磁波

それに対して高周波電磁波は周波数が高く短い波長の波が点のように飛んでいくイメージです。

高周波の場合、その相互構成要素である電界と磁界の区別はもはやなくなり、放射密度(μw/㎡)のみで測定されます。

私たちが主に測定してシールドしようとしている高周波の周波数帯は、携帯電話や無線LANやWiFiなどの周波数である800MHzから3GHzのマイクロ波の領域です。

このページの上へ戻る 電磁波とは?の記事一覧へ戻る